キャッツアイ買取

キャッツアイ
キャッツアイ

キャッツアイ

キャッツアイは、通常クリソベリルキャッツアイを指し、光を当てると縦一条に引き締まった線が出る様子が猫の目に似ていることから、この名がついています。
キャッツアイは光の帯がカボションカットの中心にくっきり出るものが好ましく。、その帯は光源を動かすと左右に移動し、両側の色合いが変化します。光源の近いほうがハニーカラー遠いほうが半透明なミルキーに見えるものが珍重されます。この光の帯の出る効果をシャトゥヤンシーと言い、医師の内部に平行して並んでいる無数の針状のインクルージョンによって起こります。インクルージョンが光を反射し、カボション局面がそれを収瞼させ帯状のシャトゥーヤンシーが表れるのです。

キャッツアイは白熱灯の下と蛍光灯の下では色が変化するアレキサンドライト同じ鉱物で稀にこの2つのへんかを同時に持つアレキサンドライトキャッツアイが存在します。

お買取店のご紹介

詳しくは最寄りの店舗へご連絡・ご来店ください。