真珠買取

真珠
真珠

真珠

真珠にも形や色など様々な種類がございます。取れる場所も海だけでなく湖でも採れます。「真珠」と聞いてみなさんが頭に思い浮かべるのも、おそらくこのあこや真珠でしょう。現在日本でで養殖されるほとんどの真珠があこや真珠です。
母貝自体が手のひらくらいの大きさなので真珠もそれほど大きくありません(約2mm~約10mm)。真珠の色はホワイトピンク系、ホワイトグリーン系からクリーム系、ゴールド系といった物が中心となります。
形は貝の性格上きめの細かい結晶を分泌するため他の真珠に比べても丸くなる確立が高いと言われています。

花珠(はなだま)

真珠の場合見た目を基準にして決めますが、いわゆる花珠とは「巻き・照り・キズ・形・色」全てにおいて最高品質のものを「花珠」と呼びます。
めったに採ることができないという希少価値のあるものです。評価は照りのよさを最重要視します。

タヒチ黒蝶真珠(南洋黒蝶真珠)・黒真珠

一般的にタヒチ真珠、黒真珠と呼ばれている南洋(フレンチポリネシアのタヒチ産が代表的)の黒蝶貝(くろちょうがい)から生まれる真珠です。
真珠の色は黒系、緑系、グレー系、赤系など色の多様性が特徴の真珠です。
深い緑に赤みがかった反射のある「ピーコックグリーン」と呼ばれる色目をしたものに人気があり、美しい色として評価されています。
真珠貝の中でも特に活動的な方で貝の中で真珠が回転してサークルを巻いた真珠やバロック型真珠も多く見られます。

南洋白蝶真珠・白蝶真珠

南洋真珠最大の真珠貝(30cm以上になる場合もあります)である白蝶貝(しろちょうがい)から採れる真珠です。
その真珠貝自身の大きさから直径19mmくらいまで育つ真珠もあります。
貝殻内面の周辺部の色によってシルバーリップとゴールドリップに分けられます。
オーストラリア海域ではシルバーリップ、インドネシアやフィリピン海域ではゴールドリップが多いようです。
真珠の色はだいたいホワイト、シルバー系クリーム、ゴールド系に分けられますが、アコヤ真珠のようにブルー系やグレー系のものもあります。
この貝でマベのような半径真珠も養殖されています。

お買取店のご紹介

詳しくは最寄りの店舗へご連絡・ご来店ください。