シトリン買取

シトリン
シトリン

シトリン

まったくの偶然からアメジストを加熱することで鮮やかな黄色に変化することが分かりました。この色がトパーズという宝石に似ていたことから長い間、間違って、ゴールデントパーズと呼ばれていました。しかし、トパーズはクオーツとは全く異なる鉱物です。現在では加熱アメジストが、シトリンと呼ばれてジュエリーの素材となっております。

多くのアメジストは、約450℃で加熱されるとシトリンに変化します。この加熱はその宝石が持っている存在的美しさを引き出す容認できる処理と理解されています。多くのアクアマリンも、グリーンベリルを420℃近くで加熱する処理が行われており、シトリンと同様、一度加変化した色は元には戻らず永続します。
産地によって色味の異なるシトリンの品質の善し悪しは、グレーみや黒みを感じない純色であるかがポイントです。
パルメイラ、マデイラ、バイア、それぞれの色味についは選ぶ人の好みです。ただしより多くの人が選ぶものは希少価値となる要因の一つです。将来淡めでも非常に美しいものを、より多くの人が求めれば、その希少性も高くなり、結果として価値が上がってくる可能性もあります。

お買取店のご紹介

詳しくは最寄りの店舗へご連絡・ご来店ください。